面倒なディレクトリマップ作成作業を
モギュラが自動化します。

Web制作ディレクター・営業・コンサルタントのみなさん、 ディレクトリマップを作成する時、どうしてますか?

1ページずつ確認しながら、URLやタイトルなどコピペを繰り返して作っていますよね。大きいサイトだと1〜2日かかりませんか?

Mogyura(モギュラ)はディレクトリマップを自動でエクセル化するサービスです。

Mogyuraを使えば2000ページあるサイトでも ディレクトリマップを自動かつ短時間で作成できます。

そもそも、ディレクトリマップとは?

ディレクトリマップとは、「Webサイトの全てのページのURLとタイトルがまとめられている一覧表」のことです。Webサイト制作・管理プロジェクト関係者の情報共有を密にしてプロジェクト全体が円滑に進むように、主にWeb制作会社側で自主的に作成します。(※ サイトストラクチャ、サイト構造図などとも呼ばれ、サイトマップと混同されがちです。)

また、具体的には、Webサイト新規構築時やサイトリニューアル時などにWebディレクターがエクセル形式で作成するケースが多いですが、Web制作会社によっては営業やコンサルタントが見積もりのベースとして利用することもあります。

Mogyuraの特徴

ディレクトリマップ作成を自動化することで手間を大幅に軽減。

ディレクトリマップ作成の問題点

Webサイトを制作・管理する上でディレクトリマップを作成するに越したことはありません。ただし、手動で作成するとなると、サイト規模に比例し作業コストが大きくなり、人的ミスも起きやすくなります。また、PCインストール型のツールもありますが、問題がないわけではありません。

  • 利用するPCのOSはWindowsに限定される。
  • 自身のPCのマシンパワーを使うため、利用中はPCの動作が重くなる。
  • Webサイト制作上では不要な情報が多く、欲しい情報が取得されない。
  • Webサイト制作・管理を想定したフォーマットになっていないため、大きな手直しが必要になる。

Mogyuraが解決したこと

Mogyuraはこの面倒なディレクトリマップ作成作業を自動化しクラウドサービスにしました。WindowsでもMacでも普段お使いのPCブラウザからご利用頂けます。また、最大2000ページほどのWebサイトに対応し、人的ミスを回避します。

ディレクトリマップのフォーマット

ディレクトリマップシート:
OGPやhttps判定など変化の早いWebサイト制作・管理に役立つ項目を過不足なく網羅したフォーマットです。
準コンテンツシート:
Webサイト内のPDFファイルやエクセルファイルなど、「コンテンツになりうる」拡張子を検出し、コンテンツ作成の抜け漏れを防ぎます。
アセットエラー(内部・外部)シート:
.cssや.jsなど、Webサイト内外のアセットファイルの読み込みエラーが無いかどうか検知します。

ディレクトリマップ作成をサポートする便利な機能

ページ数調査:
対象Webサイトの第2階層までのページ数だけを取得する機能です。ディレクトリ指定・除外の際に便利な機能です。
ディレクトリ指定・除外:
任意のディレクトリに特定してディレクトリマップを作成することができます。2000ページ以上あるWebサイトでもディレクトリ指定・除外を利用し複数回に分けることでディレクトリマップ作成が可能になります。
リクエスト履歴:
ディレクトリマップ作成状況ステータスを確認することができます。

今日からプロジェクトに導入できる。Webサイト制作・管理に最適なフォーマットと機能。

我々モギュラチームは変化の早いWebサイト制作・管理に対応するディレクトリマップを実現化するにあたり、最適なフォーマットと機能を考え抜きました。フリーランスで活躍されている方から、多くの人員を抱えているWeb制作プロダクションまで幅広くご利用頂ける汎用的な仕様に仕上げております。

また、Mogyuraは随時アップデートしております。ぜひフィードバックにご協力ください。

Mogyuraの苦手なこと

SPA(Single Page Application)

近年特にWebアプリケーションで用いられることが多くなっているSPAで構築されたWebサイトは上手く取得することができません。

動的に生成されたリンク

JS/Ajaxなどで動的に生成されたリンク要素は上手く取得することができません。

孤立したページ

Mogyuraはリンク要素をたどっていく仕組みのため完全に孤立したページは取得することができません。

2000ページ以上のサイト

1リクエストの上限はプロプランで2000ページとなっています。それ以上の規模には不向きです。ただし、ディレクトリ指定・除外機能で取得するページ数を調整することが可能です。

ご利用の流れ

Step1. 会員登録

まずは会員登録から。フリープランをご用意しておりますので無料でご利用頂けます。

Step2. リクエスト

ディレクトリマップ作成ページから最低限URLとメアドを入力すればリクエスト完了。しばらくお待ちください。

Step3. お届け

自動で作成したディレクトリマップをメールでお届けします。リクエスト履歴ページからステータスを確認できるので安心です。

ディレクトリマップに関するお悩み

Web制作会社ディレクターの場合

Webサイトリニューアルのコンペが決まりました。ただ、新規構築から5年程度経過し、その間にクライアントの内部体制が変わり、現状のサイトの正確な規模や構成をクライアントのWeb担当者も把握していません。

いつものように提案書の中にディレクトリマップを設けて、説得力持たせたいと考えています。また、ディレクトリマップをベースに見積もりを作成しようと思いますが、コンペまでの時間があまりない状況です。ざっと見た限り、1000ページ近くありそうです。手動でディレクトリマップを作成している時間がありません。

日々のWeb制作業務、お疲れさまです。見えないタスクが顕在化した時にWebディレクターさんが解決にあたるパターンになりやすく、大変ですよね。まさにMogyuraがお役に立てるケースです。Mogyuraは自動でディレクトリマップを生成しますし、2000ページほどの規模のWebサイトにも対応します。リクエストの混雑状況にもよりますが、混雑していなければ当日中にディレクトリマップをお届けできます。

Web制作会社営業・コンサルタントの場合

案件獲得のために見積作成をしたいのですがWebサイトのページ数が分からないのでいつもどんぶり勘定になってしまっています。しかしまだ受注できていないし、制作チームはいつもリソース不足なので毎回Webサイト調査の依頼も出しづらいです。全ページの一覧があれば根拠に基づいた見積提示ができると思っています。

あなたや制作チームに代わってMogyuraが対象のWebサイトを調査します。全体のページ数やどんなコンテンツがあるかを把握できるレポートを作るので見積作成時にもお役に立てますよ。

料金プラン&機能比較

フリー

無料

ベーシック

¥ 1,430(税込)/ 月

プロ

¥ 3,300(税込)/ 月

プランの特徴エントリユーザー向け
(お試し用)
ライトユーザー向け
(フリーランスの方など)
ヘビーユーザー向け
(Web制作会社など)
ディレクトリマップお届け時間処理が終わり次第翌日AM7:00処理が終わり次第
ページ数上限1005002000
リクエスト回数/月102020
リクエスト回数/日355
ディレクトリマップ
ページID(各シートと連動)
階層構造・階層数
URL
基本SEO項目(title,h1,description,keyword)
アクセス解析コード
(GA、GTM)
アクセス解析コード(その他)
基本OGP項目
https判定
Viewport判定
リダイレクト先
ページステータス
その他(ファイルタイプなど)
ディレクトリ指定・除外
パラメータ付きURL指定・除外
複数メアド送信
デバイス指定(PC・スマホ)
ベーシック認証
ページ数調査
調査サマリー
準コンテンツ
リンク内部・外部
アセットエラー内部・外部